ぶさかわ系☆ エキゾチックとヒマラヤンの 6にゃんずブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
| Login |
2011年08月27日 (土) | 編集 |
  8月24日の朝。






      おマ~~ルちゃん~♪

         おりこうさんの  おマルちゃ~ん♪  どこですか~♪







      は~い。 

         おかーさんの 下にいるでずよ~♪



1)下にいるでずよ
 キャットニップが座ってる 椅子の下から 登場! おマルちゃん!
          (いつも ワタシの手の届くところで待機している?  おマルちゃん)








      おりこうさんの おマ~~ルちゃん~♪

         おとーさんと いっしょに 松上げ見に行ってくるから♪  

         お留守番 よろしく ですよ~♪






     は~い。
 
     ・・・・ へ?  おやつじゃ  ないんでずか??



2)おるずばんでずかー?


         また。。。    おるずばん ??







ぷぷ。  ごめんね。

  8月24日 恒例の 「松上げ」 に 行きました!

  1泊2日の 京都旅行です(笑)



3.5)鮎釣り



     鞍馬や貴船のさらに 奥。

    ウチから車で 2時間ほどで 広河原に到着しました♪




3)広河原到着っす 
     のどかな風景。 「松上げ」が 行われる場所を見てみます~♪
 





    「松上げ」の松明を投げ入れる 大きな柱を立てているところでした。

    でも なんだか とっても のどかな雰囲気。。。。






4)松上げ中?





  今回の 京都旅行に。。。。


     じゃあ~~~~~んっ!!



  えつこミュウゼさんの Tシャツ!!

  「ゆうたい りだつごっこ」 着てきましたですよ~♪




 出かける直前に このTシャツだけ先に到着しました。 
 うれしくって さっそく着用! 「マルタくん」Tは まだ届いていません。

4.5)ミュウゼさんの作品着用~  
 どうですか~? めっちゃステキでしょ?  着たら更に気分がルンルン~!
 かなりのインパクトがあるので 行く先々で、いろいろな方から絶賛の声!






   「松上げ」の場所から 車で」10分あまりのところに

   毎年 泊まる 「寺谷」が あります。


             1年ぶりの 寺谷。




  
6)寺谷到着




      「松上げ」が始まる前に 

        川床で 晩ご飯ですよー♪



  
 おなかすいちゃったよ~ん♪ 川におりて 風流に 晩ご飯しちゃう~♪
7)川へ降りてご飯です
      晩ご飯で 汚しちゃいそうで Tシャツ 着替えました;;(笑)


8)セミの抜け殻ちゃん
          蝉の抜け殻ちゃん♪ 一生懸命、よじ登ってきたんだね。


9)保護色のカエルちゃん
         上手に 保護色。  カエルちゃん♪ お顔がかわいい。


10)お花のようなキノコちゃん
         お花みたいに キレイな キノコちゃん






      はやっ;;;

    すでに 川床に 人が。。。いるっ;;

        と、 思ったら 貞子先生でした~(笑)





    「松上げ」を 教えてくれた 横浜の 我が恩師。
    ここで 会うのが 恒例になって 今年で 5年目~♪


11)貞子先生もういます
          「先生~;; もう ちゃっかり 座ってましたかー!」
         「当然だわよ!」







          「先生~♪ 冷酒 冷え冷えにして 持って来ましたですよー!!」
         「えらい! じゃ 呑もう!!」


12)我が恩師お花つき(笑)
 食への情熱!さすがは我が恩師! 貞子先生に お花をつけて差し上げました。(笑)




  < 寺谷 川床での 晩ごはん >
      食材は すべて 寺谷近辺で 採れたものばかり。(^-^)


13)ごりの甘露煮


13.5)お吸い物とお寿司


14)ごま豆腐2


14.5)ゴリの唐揚げ


15)あまご???


16)えっと。。。?


17)鮎アユあゆ


18)あざみやうど
        お料理の解説は 去年の記事にありますよー コチラ→ ☆





    ごはんと お味噌汁。 フルーツを 食べ終わったら

   すっかり 夕暮れ。。。。


19)夕暮れ

    寺谷のご主人に 車で「松上げ」の場所へ送っていただきました。





    8時前。 
   お昼に見たあの場所に ゆっくりとした鐘と太鼓の音が聞こえ始めると
   千数百本の松明が 次々に灯っていきます。


20)祭りの始まり

    
20.5)地松1000本以上
     結界が張られた 私達の前にも 松明が灯りました。

21)無数の松明
     暗闇の中に現われた 彼岸と此岸。  幽玄の世界。

22)松明が宙に舞う     
     上空のかごに向けて たくさんの松明が投げ入れられます。




23)燃え盛るクライマックス
     松上げの クライマックス。  燃え上がったまま 倒れて行きます。



倒れる
    どーん!という音とともに 倒れました。  一瞬 すごい熱風が。。。




        暗闇の中に 浮かぶ 無数の松明の灯り。

       代々続いている この 「松上げ」 の 炎を見るたびに
  
       顔の知らない 自分の祖先たちや 亡くなった祖母や 父の 

       「イメージ」ではなく 

       息づいて存在している姿 実体を 想います。




24)火を起こします
    倒れた火床を 掛け声とともに 起こします。 「松上げ」の 終焉。


    

        今年は あまりにも 大きなことがあって

       夏の終わりの 送り火が せつなく、 もの哀しく

       いつも以上に ずっしりと感じられました。
 







   京都旅行(笑) 2日めは また 次回に!


   9月3日・4日の キャットショーは 一般の方どなたでも見学できます♪
    うずらちゃんが 出陳しますので よかったら来てくださいねっ。
    (注:ニンゲンは入場可能ですが、一般の猫ちゃんは 入場できません)
    しのぶぅちゃん  ナイスな ご質問 ありがとですよー!



25)リバティフライヤー






 ランキング参加中です~♪ 
   下の 「マルタくん」バナーを ぽちっと! お願いします♪

     

      応援 ありがとですよー!
 
  
    にほんブログ村 猫ブログ エキゾチックショートヘアへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

2010年09月02日 (木) | 編集 |
  「松上げ」を 見るようになって 今年で 4年め。



27)地元の物産屋台
          しば漬けなど 地元の産物 販売中です




  「松上げ研究会」会長(自称デス) 貞子先生は 
    
     その倍くらいは  ご覧になっているはず。 
 
  



28)広河原の「廣」はっぴ



     なぜ。    



   毎年   「松上げ」を 見るのか。





29)これを投げ入れます    
          これに火をつけて 上空の籠に投げ入れます



       
   暗闇の中。

           ひとつ。    また ひとつ。






        灯っていく  松明の炎を じっと見ていると

       
   


30)松明が灯っていきます



 
 自分の祖先や  その頃の人たちが
  
    きっと その昔 

       畏敬の念をもって 火を見ていたように




       無心に ただ只  見入ってしまいます。

 
 


30.5)鉦の音と共に松明が少しづつ灯っていきます




  普段、「考え」たり 「思ったり」 している 自分の 
             
 
        その意識の 片隅に いつも 押しやられ 
  
                   
             忘れ去られている。。。






30.5)約1000本の松明が灯ります




    そんな 

   太古からの 記憶を引き継ぐ 自分の中の 何かが

     


      「松上げ」の 空間に 接することで



         目覚めて 

            同調するのかも 知れません。





     
     1本、1本と 松明が灯されて いきます 




31)松明を投げ入れます









33)松明が入って燃える


34)上空の炎







          松上げが 燃えて 倒れていきます








     「松上げ」の 炎が消えていき

                 それとともに 結界が 意味を亡くす。





  そして 自分の中の

    太古からの 記憶を持つ 何かも・・・




        静かに 今。

            目を 閉じたようです。







35)松上げの終わり



            また  来年・・・・。







 下の「エキゾチック」バナーを押して頂くと ランキングポイントになります。 いつも 応援ありがとうございます。。。。 

      にほんブログ村 猫ブログ エキゾチックショートヘアへ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/5okw91gnxlfu


2010年08月31日 (火) | 編集 |


東京の キャットショーから戻った
翌々日のこと。。。。。 





      以前は 横浜に住んでいた ワタクシ。

      毎年8月に 横浜から 中学時代の恩師 

              F先生が 京都にやって来られます。





かーちゃん  てーこちゃんと なんか 食べに行くらしいじょ~~  
1)またどっか行きよったじょ~
貞子先生が ウチに来ると ずっとそばに寄り添っている てんちゃん
(F先生  貞子さんと おっしゃいます)





 お目当ては 京都の火祭り 「松上げ」 の観賞。


    今年も「松上げ」のある 広河原へ向かいます。




2)高野川を北に
   加茂川に沿って 北に 北に 向かいます 





   「松上げ」は 京都の北の 北の  ずっと北の
        
          山あいの地域で 行われる 火祭りです。






2)高野川上流へ





自称 「松上げ」 研究会 会長の 貞子先生。

     数年前から 参加してるワタクシも。。。。

 




4)鞍馬寺
    鞍馬寺まで 来ました~~♪  まだまだ 北へ~~~♪ 




       いつの間にか 会員になってるみたいです。(笑) 





4)山道の鳥居
    鞍馬寺から さらに北へ走って行くうちに こんな鳥居 発見。 





お友達お二人と 京都にやって来られた 貞子先生





5)山中を走行
     家を出た時 40度あった路面温度が 28度まで下がってきました。 





 今年は 広河原の「寺谷」で 待ち合わせです。





5.5)広河原の地図




      「松上げ」は 夜 8時半から 始まるので      




5)これも京都市内




      それまで 「寺谷」で 



6)これも京都市内?
            
        

    「 渓 谷 料 理 」   を いただきます。      


            

                    うふふ・・・・。



   

「松上げ」は 広河原 だけでなく


お盆の間 その近辺3か所で 行われています。



7)花背の松上げのあと
    1週間ほど前に行われた 「花背」の 「松上げ」跡 



結界を張った 広大な場所で 1000本もの 松明を灯します。

そして 30メートルの柱を立てて

柱の先のかごに 松明を 投げ入れて 燃やします。



10)倒された松上げの柱
倒された後の「松上げ」の柱。 先についていたカゴは 燃えて無くなっています。 



   おととしは この「花背」の 松上げを 見ましたが

   歌があったりと 少しづつ 地域で異なっています。


     広河原の方が 規模は 大きくて 素朴です。






   やっと 到着~♪


1年ぶりの 「寺谷」です。


12)かやぶき屋根の寺谷
   ね? 「渓谷料理」と 書いてあるでしょ。 



12.5)貞子先生御一行はすでに到着
    貞子先生ご一行様は すでに到着。  「また会えました!」再会の ハグ!



   お家の 前にある ちいさな橋を渡ると。。。川が。




12.5)ご飯をたべる予定の川べり



   この川べりに お席を設けて 


             お食事を 運んでもらいます。。。。 
   

                      うぷっ。 





    では。 

    いよいよ。 


       渓谷料理   はじまりーー!









 当然のように。。。。    < つづく >   でしょ。 やっぱり。 






 下の「エキゾチック」バナーを押して頂くと ランキングポイントになります。 いつも 応援ありがとうございます。。。。

      にほんブログ村 猫ブログ エキゾチックショートヘアへ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/5okw91gnxlfu