FC2ブログ
ぶさかわ系☆ エキゾチックとヒマラヤンの 6にゃんずブログ
| Login |
2010年09月02日 (木) | 編集 |
  「松上げ」を 見るようになって 今年で 4年め。



27)地元の物産屋台
          しば漬けなど 地元の産物 販売中です




  「松上げ研究会」会長(自称デス) 貞子先生は 
    
     その倍くらいは  ご覧になっているはず。 
 
  



28)広河原の「廣」はっぴ



     なぜ。    



   毎年   「松上げ」を 見るのか。





29)これを投げ入れます    
          これに火をつけて 上空の籠に投げ入れます



       
   暗闇の中。

           ひとつ。    また ひとつ。






        灯っていく  松明の炎を じっと見ていると

       
   


30)松明が灯っていきます



 
 自分の祖先や  その頃の人たちが
  
    きっと その昔 

       畏敬の念をもって 火を見ていたように




       無心に ただ只  見入ってしまいます。

 
 


30.5)鉦の音と共に松明が少しづつ灯っていきます




  普段、「考え」たり 「思ったり」 している 自分の 
             
 
        その意識の 片隅に いつも 押しやられ 
  
                   
             忘れ去られている。。。






30.5)約1000本の松明が灯ります




    そんな 

   太古からの 記憶を引き継ぐ 自分の中の 何かが

     


      「松上げ」の 空間に 接することで



         目覚めて 

            同調するのかも 知れません。





     
     1本、1本と 松明が灯されて いきます 




31)松明を投げ入れます









33)松明が入って燃える


34)上空の炎







          松上げが 燃えて 倒れていきます








     「松上げ」の 炎が消えていき

                 それとともに 結界が 意味を亡くす。





  そして 自分の中の

    太古からの 記憶を持つ 何かも・・・




        静かに 今。

            目を 閉じたようです。







35)松上げの終わり



            また  来年・・・・。







 下の「エキゾチック」バナーを押して頂くと ランキングポイントになります。 いつも 応援ありがとうございます。。。。 

      にほんブログ村 猫ブログ エキゾチックショートヘアへ
にほんブログ村

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/5okw91gnxlfu

スポンサーサイト