ぶさかわ系☆ エキゾチックとヒマラヤンの 6にゃんずブログ
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
| Login |
2012年08月27日 (月) | 編集 |






8月24日 午後1時半。

横浜時代の恩師 貞子先生 わが家に到着デス。
集合して みんなで 出かけます。

どこへ・・って?




          今夜は  「松上げ」  です。








    

           貞子先生たち    来てくれたですよ。

0)お元気でした

           あれ。   大ちゃんと テラちゃんも  来てくれたですよ。





    


     今年は  フェルト 5にゃんズ を 作ってくれた
    テラちゃんと 大ちゃんも  「初・松上げ」 です~♪ (^o^)丿


1)はっちゃんご対面
出かける前に はつねちゃんに ご飯をあげてくれる  テラちゃん  








     じゃ!  行って来ま~っす!
         みんにゃ  お留守番 よろしくですよ~~♪






    
      おとーさんと おかーさんが 

           貞子先生と 毎年 見に行く

           「マヅアゲ」 ちゃん。。。

      


1.3)まづあげちゃん



        でも。 

           今年は なんだか。。。





1.8)なんとなくムナザワギ。



                 なんだろ ・・・・。









   そんな マルタくんの もや~っとした不安も知らず
   車で 約2時間半。
   「松上げ」 が行われる 広河原へ 向かいました。




     到着~!

      準備が 始まってますね~♪

 

2)結界出来ています
          張られた 結界の 向こう側で 「松上げ」が 行われます。






  今から 立てられる 松上げ。
 この 上のカゴに 地上から 松明が投げ入れられます。
    
 そして 松明の炎で 炎上。 
 四角く囲んだ 桁の間から このように倒れます。



3)今から立てます


     見る場所を 確保してから
    今夜の お宿   「寺谷」 へ。
    地元の食材だけで 作られる 「渓谷料理」 が たのしみデス。 




     車で 10分余りで 「寺谷」 到着。



4)寺谷到着
   茅葺き屋根の おうちに 泊まれるって  なんてステキなんでしょ  



5)川床は閉鎖中
       先日の 豪雨で 川床が 流れてしまい  川床 閉鎖中。。。





         こんにちは。

        今年も お世話になります。


6)今年もよろしくお願いします。






     夕方5時から   お楽しみの 晩ご飯~♪


7)わらびです
食前酒は 木いちご酒。  ゴリの甘露煮、押し寿司の次は わらびの海苔巻き。






8)がんも
ガンモは 京都では 「ひろうす」デス。 姫筍は 春に 塩漬け保存されたもの。





      これは・・・? 

8.3)かぐや姫?


                やっぱり ねっ。



8.6)鮎ですよー
         アユも もちろん こちらで獲れたものデス。







9)むかごの天婦羅もあります
   あざみなどのたくさんの山菜。 獲れたての むかご もあります。








     夜 7時前。

     寺谷を出て  「松上げ」に 向かいます。




10)夜8時。暗闇です
 お店や コンビニや 自販機などのない集落。  真っ暗だけど ほっとします。





11)離れたところではご詠歌
  少し離れたところでは  おばあちゃんたちによる ご詠歌。 
  これからも ずっと 残してほしいなあ、と思います。







         「この松明に火をつけて

         立っている松上げの一番上をめがけて 投げ上げます。」


      12)投げあげる松明はコレ
        大学生の ボランティアのみなさんが 協力しています。







  夜 8時15分。  鳴る 鐘の音。

       結界の中に立つ 1200本の地松に
       次々に 火が灯っていきます。


13)結界内に地松
    暗闇の中 あちこちで ゆれる地松の炎は 幽玄の世界です。




14)地松1200本がついたら始まり



         地松 すべてに火が灯ったら

        手にした松上げの松明を 投げ上げます。




15)なかなか入りません
        松上げの高さは 確か 24メートルだったと思います。





         いくつかの 松明が 入って

         暗闇の夜空で 炎上。
 



16)炎上



     ところが。

     燃え上がったまま 倒れません。
     囲った桁の1本に ひっかかっていました。


     見物している 私たちのところから
     ロープで 引き倒そうとします。








   ロープを引きながら  5,6人の男性が 観客席に入り 
  「事故やから どいて、どいて。」 という
  緊迫した声が 飛び交う中

  桁の折れる バキバキっという音とともに
  松上げが 崩れ落ちるように 倒れました。




17)人の大きさからわかります
  大事に至らず ひどいケガをする人もなく終わって ほんとうによかったです。





    帰り道

   大ちゃんや テラちゃんたちと 
   なんども 何度も 夜空の星を見上げては

   そのたびごとに 
   なんども 何度も
 
   「わー。  星が すごい いっぱい見える。」
   と 言っていました。(笑)

   同じ言葉を  繰り返すほど
   それほどの  夜空の美しさ でした。




        今年も  「松上げ」 が 終わりました。 















 ランキング参加中です~♪ 
   下の 「マルタくん」バナーを ぽちっと! お願いします♪

     

      応援 ありがとですよー!
 
  

    にほんブログ村 猫ブログ エキゾチックショートヘアへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
すごいアクシデントがあったのですね〜
動画から緊迫した様子が伝わりましたよ!

でも、すごい迫力ですね。。
そして、毎年素晴らしい渓谷料理です!
京都は、やはり伝統の都です。情緒ありますね。。
素晴らしいわ〜〜〜

その頃、こちらはチーム関東で飲みだったよん!
熱中症だったらしくあまり飲めなくて残念だったが。。

はつねちゃん、ちゃんとオルズバンできたかな???
2012/08/27(月) 16:14:41 | URL | Fairyhill #-[ 編集]
事件ですか!!動画見たら思ってたような大事件じゃなくて良かった
てっきり火が燃え移って・・・なんて事を一瞬考えながら読んでいたので
無事でなによりです。
しかし川床でのお料理を一番楽しみにしてたのに(私が楽しみにしてどうする笑)
川に流されてしまったなんて残念でしたね~(私にとってはこれが一番の事件だったりして・・笑)
初猫ちゃんお留守番の意味解ったかな?おとーさんとおかーさんが美味しいもの食べに行くのがお留守番よ♪ぷぷぷ
そうそうこのてんぷら去年も見たですよ~美味しそうですよね♪
2012/08/27(月) 19:32:36 | URL | ももんが #NAijnZeA[ 編集]
何事もなくて良かったです~!

くれはちゃん元気そうですね♪お嬢さんって感じで可愛いですね(*^_^*)
はつねちゃん~マルタンに優しくしてね(笑)
2012/08/27(月) 21:46:17 | URL | KAORU #LjveDjGg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック